社員の声

株式会社トーカイパネル「社員の声」

製造部
田中孝憲2013年入社

入社4年。
現場ではまだまだ緊張する。


自社工場内での組立・配線作業だけでなく、現場に出向いての作業があります。
お客様の工場の中での作業ですから、自分のミスが直接お客様に影響しかねません。この線がつながらなければ工場が止まってしまう、という場面も少なくありません。そんな緊張感の中での作業。毎回ドキドキしています。
先輩からは「その緊張感を失うな」と言われています。気持ちが緩んでしまうと、ミスや事故につながる。だからこそ、緊張感をもって常に集中できる状態でいることが大切なんです。


この仕事のコツは一番に「段取り」

道具を使いやすいように事前に並べておくことや、図面をしっかりと頭に入れて、作業手順を頭で一度シミュレーションしてから取り掛かるとか。当たり前のようで、おろそかにしがちなんですが、この「段取り」ができているのとできていないのとでは、全く異なります。
特にお客様先での作業は、トラブルなども想定して準備しておくと落ち着いて作業に取り掛かれます。

コミュニケーション能力を高めたい。

製造という仕事柄、コミュニケーション能力は特に必要ないと思っていました。けれど、仕事が高度になればなるほど、ぜったい必要だ、と感じています。現場では作業を効率よく進めるための情報収集やお願いごとなど、お客様に聞いたり、交渉したりする場面が出てきます。でも上手くできずに、「あの時もっとちゃんと話をしていたらよかった」と悔やむことも沢山あるんです。そこを改善するためにも、コミュニケーション能力を高めたいんです。会社から言われたわけじゃありませんが、技術者として成長するためにも、非常に大切なスキルだと今は感じています。

ウィンドウを閉じる